地震や経年劣化で起こる外壁のクラック 防ぐには強い塗膜を!

クラックとは外壁に生じるひび割れのことです。
クラックは、雨漏りのリスクを高めるだけでなく建物の構造自体を弱体化させてしまう恐れもあります。
本記事では、特に気をつけたいクラックと、クラックができる原因、引き起こすリスクについてご紹介しています。

外壁のクラックとは

外壁においては、幅が0.3mm以下、深さ4mm以下の小さなひび割れを「ヘアークラック」、0.3mm以上のひび割れを「構造クラック」あるいは「貫通クラック」と呼んで区別します。
ヘアークラックはその名の通り、髪の毛のように細いひび割れという意味です。これは微細なものなので、必ずしも今すぐに対処が必要というわけではありません。建物内部ではなく、塗膜のみがひび割れてクラックになっているケースも想定されます。

しかし、構造クラックを見つけた場合は、なるべく早めに外装を塗り替えてひび割れを解消する必要があります。
また、構造クラックと類似のクラックに「開口クラック」と呼ばれるものもあります。これは窓や扉といった開口部の周りに発生するひび割れのことで、斜め方向にひび割れるという特徴があります。開口クラックも雨の影響を強く受けやすいため、見つけたら早急な対応が必要です。

クラックを放置すると起こりうるリスク

構造クラックや開口クラックを放置すると、どのような危険があるのでしょうか?
住んでいる人が見つけやすく、また直接的な影響を受けやすいのはまず雨漏りのリスクです。クラックから雨が侵入すると、外壁内部を伝って思わぬところに水が出るケースもあります。

また、構造内部に入り込んだ雨や雪は湿気となって木材にカビを、鉄筋にサビを発生させます。これらの現象は腐食となり、建物全体の劣化、そして強度の低下を招いてしまいます。
こうした腐食を加速させるのが「爆裂現象」です。爆裂は、外壁内部にある鉄筋が錆びたことによって膨張し、コンクリート(モルタル)を内部から押し出してしまう現象のことです。一度爆裂が起こると剥離部分からさらに雨水が浸入し、腐食が進むという負のサイクルを作り出してしまいます。

・雨漏り
・腐食
・爆裂現象

これらのリスクのうち、特に腐食と爆裂現象は危険度が高く、ある日突然大きな被害となってあらわれる可能性があるので注意が必要です。

クラックはなぜできる?

クラックは、外壁の経年劣化や塗料の特性などによって起こることもありますが、地震や不同沈下(不等沈下)といった外的な要因によって引き起こされることもあります。
そのため、危険なクラックを予防するためには地震に強い高耐久の外壁塗装を行うのも有効といえるでしょう。
仙台市を中心に宮城県全域で1,000件以上の実績を持つアートリファイン株式会社では、地震に強い「アミコート」という塗料を用いて外壁塗り替えを施工することが可能です。
アミコートは特許出願中の特殊繊維を配合した塗料で、クラック発生率を低減させる効果が期待できます。
この特殊繊維によって塗膜にかかる圧力を分散させることができるので、微細な振動や、ドア、窓の開閉といった物理的な影響についても小さく抑えることが期待できます。
宮城県にお住まいで外壁塗装をご検討されている方は、ぜひアートリファイン株式会社にご相談ください。

まとめ

クラックの種類とその危険性についてご紹介し、抑止として効果的で、なおかつ地震にも強い塗料もご提案させていただきました。
外壁のクラックは、放置しておくとカビや腐食といったトラブルにつながります。
適切なメンテナンスを行って、住まいを快適に保ちましょう。
アートリファイン株式会社のご提供する塗料「アミコート」は、シラスバルーン、プライマー、仕上げ兼用樹脂という3つの異なる素材を配合することにより、クラックのできにくい塗膜を実現します。住まいの外壁についてお悩みの方はお問い合わせください。

無料お見積りはこちら

  • 太陽光発電
  • カルセラ
  • リフォームローン
  • ベスコロフィラーHG
  • 防音・断熱にオススメ!内窓インプラス
  • 痛みやすい箇所には『防水工事』が重要です
  • 外壁からの雨漏りのの原因と解決方法
  • 後悔しない色選び!
  • 初めての外壁塗装・屋根塗装 上手な相談の仕方
PAGE TOP